09月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

ゲームの体験版で思い出した昔のはなし(懐古ばなし)

2012年 04月29日 22:08 (日)

 今日もグリフィン相手に弓と短剣で狩りをしています。『ドラゴンズドグマ』体験版のダウンロードが4月24日に開始されてから5日が経ちました。と言っても、実際にPS3にダウンロードしたのは1日遅れの25日でしたけど。

dd6.jpg

 自宅にいながら自分の好きなタイミングで体験版を手に入れられる、とても便利な時代になりました。例えば、サッとゲーム機の前に陣取り電源をオン、メニューを表示させたら自動でゲームのオンラインサイトにログインします。所定の項目を選んでからダウンロードを開始して、数分待ってインストールすればゲームの体験版がプレイできるようになりました。ああ、こりゃ便利だなぁ。

 子供のころなんて、学校が休みの日にはおもちゃ売り場に行っては、設置されていたゲームの試遊台に我先にと争うように陣取っていました。

「タダでゲームが遊べる」

 このキーワードは当時の子供にとっては、恐ろしいほどの魔力をもっていたのです。学校が終わった夕方や、休日ともなればゲームショップには多くの子供たちで賑わっており、お店としても来客が増えてよかったのでしょうか。直接、お店の売り上げに結びついたのかは疑問ですがね。

 途中で終わるように作られている体験版なんて存在していないので、そのまま製品版を試遊機にセットしてありました。最後まで遊ぶことができる商品なので、当然ながら「ひとり○○分まで」とお店側でルールを設けられていることもありましたっけ。

 現在ではそんなことを気にする必要なんてないわけです。ネットの環境と対象のゲーム機を持っていれば、多くのゲーム体験版がダウンロードできるのですから。気になるゲームが体験版であったのなら、お試しプレイはしてみてください。つまらない、自分には合わないとかあったならスルーできますし、オサイフに優しい仕様ですね。

 とりあえず『ドラゴンズドグマ』が発売されるまで、ちょくちょく体験版で遊んで本編を夢想していこうかと思います。
スポンサーサイト

期待のドラゴンズドグマ体験版のはなし

2012年 04月26日 13:18 (木)

 ゲームファンから期待されている大型アクションゲーム『ドラゴンズドグマ』の体験版が4月の24日より配信開始されました。本編の発売まであと1ヶ月なので、早く遊びたくてウズウズしている私はプレイできる日を待ち望んでいました。どんなゲームなのか、操作感覚はどうなのか、モンスターの動きは早いのかと気になってしかたがありません。

ドグマDL

 そもそも、『ドラゴンズドグマ』は何ぞやとお考えの方に説明すると、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のような、剣と魔法の壮大な世界で冒険者するアクションゲームです。壮大なファンタジー世界で、多くの人やモンスターが存在しており、村や城、ダンジョンなどがゲームの世界に広がっているそうです。
 
 この体験版では、次の3つのことができます。

◇プロローグクエスト
 ゲーム本編のプロローグを体験できるクエスト。薄暗いダンジョンを進み、奥地で待っている大型モンスター「キメラ」とのバトルが楽しめます。プレイヤーの職業は、攻守のバランスがいい「ファイター」にあらかじめ決められています。いくつかの職業から選べるのかと思っていたので、少し残念でした。弓で攻撃できる「ストライダー」を操ってみたかったです。

◇キャラクターエディット
 プレイヤーキャラと一緒に、仲間となるメインポーンのエディットを行います。作ったキャラクターは、製品版に引き継ぐことができます。ある程度できあがったキャラクターも選べますが、髪型や顔の形、目や鼻の位置を動かしたり、筋肉量の増減や身長を伸び縮みさせたりと、もっと詳細なエディットができます。体験版のクエストそっちのけで、エディットに時間をかけるのも楽しいと思います。

◇フィールドクエスト
 ファンタジー世界ではおなじみのモンスター、グリフィンとの戦いを楽しめます。プレイヤーの職業はストライダーで、ダガーと弓を装備して、フィールドを縦横無尽に駆け巡ります。弓による遠距離攻撃と、直接モンスターに機動性に優れたダガーで攻撃するなど、アクションゲームらしい立ち回りを味わうことができます。ボタンの組み合わせで、見た目がカッコイイ攻撃も繰り出せるので、オレってイケてる!とできるのが魅力です

ドグマタイトル

 プレイした感想としては、あっという間に終わるのですが楽しめました。コントローラーのボタンを全て使うので、想像どおり操作に慣れが必要ではあります。ちょっと残念なのは体験版なのでフィールドに見えない壁があってそれ以上行くことができない仕様でした。仲間のキャラクターがいろいろと喋ってくれますが、英語なので何を言っているのかわかり辛く、字幕を読んでいる余裕がないので日本語の吹き替えを入れてほしかったなと。

これが終わったら、またプレイします。グリフィンを倒すタイムアタックでもしようかな。

MARVEL VS. CAPCOM 3 発売日発表

2010年 11月18日 22:29 (木)

本日18日、
カプコンより 発売予定の

PS3&Xbox360用 ゲームソフト

『 MARVEL VS. CAPCOM 3 』

の 正式な発売日が 発表。

2011年2月17日予定

4Gamer.net」 より

日本よりも 海外での人気が 桁違いに高い

対戦格闘ゲーム。

公式サイト はコチラ





近年の傾向として、格闘ゲームを プレイしている

人口って 一部のFANだけの 閉鎖的 なイメージ しかない。


いまでも、「シューティング」 や 「格闘ゲーム」 のジャンルを

残していこうと それぞれのFANは 草の根的に 活動をしているのを

同人誌 や Web で見かけると

自分も 好きだった ゲームジャンル なので

応援をしたくなる。