03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッサム・シティーに舞い戻る闇の騎士

2012年 07月31日 17:15 (火)

今年の夏も話題の映画がもりだくさんである。
さっそくバットマンの最新作『ダークナイト・ライジング』が公開されたので、観にいくことにした。

立て看板

クリストファー・ノーラン監督とクリスチャン・ベールのタッグも今回で三作目、なおかつ完結編である。これまでも楽しめたのだから、期待は高まるばかりであった。

いきなりだが、前作、前々作と共に今作もとにかく上映時間が長い。三作の中でも一番長い165分の上映時間だ。
映画が始まる前の水分補給やトイレの利用をキチンと考慮しておかないと、映画の途中でコッソリ館内を出ることになるので注意が必要である。

パンフ表紙

『ライジング』は前2作品との密接な関係をもっているので、今作を楽しむためにも『ダークナイト』と『ビギンズ』を予習しておくことをオススメしたい。ああっアイツは!と驚くキャラクターが再登場したりするので見逃せない。ファンサービスに近いか。

パンフ中身

本当にバットマンはどうなるの?死んでしまうん?
若い警官が雑誌でフューチャーされていたけれど、コイツが相棒になるん?


など、観にいく前から気になる部分がたくさんある。
アン・ハサウェイ演じる女怪盗も、劇中では、いちども「キャットウーマン」とは呼ばれない

前作『ダークナイト』では「ジョーカー」だけだと思われていた悪役が、「トゥ・フェイス」まで登場させて、ファンを驚かせた。今作でも、おお!なるほど!と思わせる展開が待っているので、ぜひとも観ていただきたい。

レイトショーやレディースデーなど、特別割引が適用になるサービスを利用すれば何度も楽しめる。

また、観にいこうかな。


スポンサーサイト

原作コミックと同じ名前「アメイジング・スパイダーマン」

2012年 07月04日 20:56 (水)

 『アメイジング・スパイダーマン』と聞いて、おお!と思った人はかなりのスパイダーマンマニアです。このタイトルは原作コミックと同じで、新たなキャストとスタッフによる新生「スパイダーマン」は原作に近い作品になっているのです。さっそく観てきたのでこの映画の魅力について、ちょびっとご紹介しましょう。
IMG_20120704_201206.jpg

 前三部作、トビー・マグワイア版(以下旧作)『スパイダーマン』よりも原作に近い設定になった今作「アメージング」は、オリジナルを古くから知るファンを喜ばせました。

 「ウェブ・シューター」
 聞きなれない言葉がでましたが、今作の主人公ピーターがスパイダーマンに変身した時に手首からクモ糸を発射する装置の名前です。旧作ではピーターの腕自身から直接出ていた糸でしたが、新作ではピーターが製作した特殊な粘着液を入れたカートリッ式のリストバンドから糸を出す仕組みになりました。こんな装置を自作してしまう高校生、恐るべしピーター・パーカー。原作ではバトル中に「ウェブシューター」の原料が底をつき、ピンチになる場面もあったそうです。もしかしたら、同じシチュエーションが次回作以降で出てくるかもしれませんね。
IMG_20120704_205328.jpg

 「ヒロインがグウェン・ステイシー」
 旧作では「メリー・ジェーン(以下MJ)」がヒロインに設定されたので、グウェンが登場するのを第三作目まで待たねばなりませんでした。原作でピーターが最初に作ったガールフレンドはMJよりも先に「グウェン・ステイシー」となっており、とある事件の為にファンの間では忘れられない大きな存在のヒロインになっています。どんな事件だったのか気になる方はウェブで調べてみるとイロイロな情報が得られて面白いでしょう。また、グウェンを演じた女優「エマ・ストーン」がとてもチャーミングで、可愛らしかったのも魅力のひとつであります。
IMG_20120704_201245.jpg

 もちろん原作のファンでなくとも充分楽しめる映画になっています。旧作との違いでは、映画全体のネガティブ的な暗い要素がだいぶ少なくなっていました。悩める青年という基本は押さえてあるものの、ヒロインとはすぐに相思相愛になるし、それほどオタクな高校生として描かれていません。イケメンだし。

 世間ではスパイダーマンを危険人物とみなし、警察官であるグウェンのお父さんには追われる立場になってしまいます。さらに巨大なトカゲ人間まで登場して、この先どうなってしまうのか。グイグイ物語に引き込まれてあっという間にエンディング曲が流れていました。
IMG_20120704_201308.jpg

 もう公式に『新シリーズ』とうたっているので、次回作にも期待が高まります。なにより、ピーターの両親が失踪した謎が解明されていませんからね。

映画鑑賞会(男子会)をしてきた。

2012年 04月23日 22:53 (月)

 先日、友達の家でお昼ごろから集まり、男子会という名の映画の観賞会をしてきました。観た映画は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作のパート1。


 知り合いの科学者が作ったタイムマシンに誤って乗ってしまった主人公は、事件に巻き込まれて30年前にタイムスリップします。偶然に出会った少女時代の母親に惚れられてしまい、自分が生まれなくなってしまうというトンデモない事態を元に戻そうと、あれこれ奮闘する姿が面白い傑作SFファンタジー・コメディです。


 今回観たのはブルーレイ版で、主人公の吹き替えを声優の三ツ矢雄二さんが演じているバージョンが収録されています。今でこそ、映画をレンタルしたりネット配信で視聴できる時代ですが、当時はそれほど一般的ではなく、地上波のTVで見て楽しむのが普通でした。よく放送されていたのは、三ツ矢雄二さんが吹き替えられたバージョンで、後にDVDで商品化された時、違う人が声を当てている物で残念に感じたものです。
                  バックトゥザフューチャー


 ブルーレイ版が程よく手ごろな値段になっていたので、3本セットで購入済みでした。お互いにこの映画のファンで、ちょうど機会に恵まれたので一緒に観ようかと男子会として催しましたのです。当初は三部作すべてを観賞しようとしていたのですが、別のことをして予定どおりには事が進まなかったので、パート1だけの上映になりました。


 すでに内容を知っている二人なので、観賞中に作品の中での「あるあるネタ」を話したり、同じ場面で笑ったりと楽しい時間が過ごせました。


 次回はパート3の完結編まで楽しんで、充実した男子会にしようと画策しています。

映画のパンフレットは貴重な資料

2012年 04月02日 23:58 (月)

  映画を観るために劇場へ行ったときには、パンフレットを必ず買います。中学生のころから、映画を観た記念として買い集め、今でもそれは続けているのです。
 
 では、映画パンフレットの役割とは何でしょう。それは、場面写真やストーリーの紹介、製作のウラ話が掲載されている、作品を楽しむための大事な資料としての役割だと思います。
 
 今では携帯電話やスマートフォン、パソコンなどの普及で、あっという間に情報収集できてしまいます。興味を持たない人も増えており、昔と比べてパンフレットの内容自体も薄れているのかもしれません。
 
 ちなみに、映画パンフレットは日本独自の文化だそうで、”映画を見た記念”という概念は、あまり世界では通用していないとのことです。

 私の楽しみは、その映画に関わったスタッフ&キャストのプロフィールを確認すること。「この俳優さんは、別のこんな映画に出ていたのか」とか、「この監督は実はあの映画も撮っているんだ」といった情報を元に、レンタルDVDや新しい映画を探してみるのです。次につながる情報収集といったところでしょうか。

 映画のデータベースとして重宝するパンフレット。読み返して自分の辿った跡を振り返る、なんて楽しみもありますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。