05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

旅行先に気軽に持っていこう。いまさら据え置き「PSone」

2012年 05月28日 22:09 (月)

従来よりも小型になり、気軽に外出先にもって行けるようになったプレイステーション。それが「PSone」です。当時、旅行のお供にPSoneを持って出かけよう的なテレビコマーシャルも放送されていました。


2000年7月。ソニー・コンピュータ・エンタテインメントから、据え置き型家庭用ゲーム機のプレイステーションを小型にした『PSone』が発売。プレイステーションの最終型番をベースに、電源を外付けのACアダプターにして再設計、従来の約1/3程度の小型化に成功しました。

PSone4.jpg


コンパクトで場所とらず、丸びを帯びたフォルムは可愛いらしいデザインです。発売当時は女性にも好まれたのではないでしょうか。「PSone」のTVコマーシャルも女性が起用されていましたし。

オプションとして、PSoneと一体装着が可能な専用液晶モニタも同時に販売。本体と液晶モニターを組み合わせた『PSone COMBO』として発売されたこともありました。

PSone5.jpg

何度かの価格改定を行い、18000円くらいになったCOMBOでしたが、今回リサイクルホビーショップで3980円だったのを発見。あとさき考えずに保護をしたのです。ちなみに通販サイトamazonでは、中古でも9000円くらいはするようです。

我が家では、PS3をはじめXbox360やWiiなど最新の据え置き型ゲーム機があります。が、あえて今更感が漂う初代PSをご紹介。

コンパクトで軽いデザイン。当時、5インチのTFT液晶はさ小ささを感じましたが、今や主流になった携帯ゲーム機と比べればそれほど違和感はありません

PSone1.jpg

現在、PlayStationStoreにて初代プレイステーションのゲームがダウンロード販売され、PS3やPSPなどで遊ぶことができます。ですが、いまだにダウンロードができないソフトも多く存在しています。代表なのは『ドラゴンクエスト』シリーズですね。『テイルズオブ』シリーズも販売されていません。これらのソフトもディスクさえあれば、PSoneで遊ぶことができるのです。

PSone2.jpg

さすがに、PSPやニンテンドーDSのような携帯ゲーム機のように、「いつでもどこでも」とはいかないものの、小型なので気軽に持ち運びがしやすく、旅先でもちょっとした暇な時間に楽しむこともできそうです。

せっかく旅行に行ったのに、ずーっとゲームばかりしていては意味がありませんけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント