05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

ゴッサム・シティーに舞い戻る闇の騎士

2012年 07月31日 17:15 (火)

今年の夏も話題の映画がもりだくさんである。
さっそくバットマンの最新作『ダークナイト・ライジング』が公開されたので、観にいくことにした。

立て看板

クリストファー・ノーラン監督とクリスチャン・ベールのタッグも今回で三作目、なおかつ完結編である。これまでも楽しめたのだから、期待は高まるばかりであった。

いきなりだが、前作、前々作と共に今作もとにかく上映時間が長い。三作の中でも一番長い165分の上映時間だ。
映画が始まる前の水分補給やトイレの利用をキチンと考慮しておかないと、映画の途中でコッソリ館内を出ることになるので注意が必要である。

パンフ表紙

『ライジング』は前2作品との密接な関係をもっているので、今作を楽しむためにも『ダークナイト』と『ビギンズ』を予習しておくことをオススメしたい。ああっアイツは!と驚くキャラクターが再登場したりするので見逃せない。ファンサービスに近いか。

パンフ中身

本当にバットマンはどうなるの?死んでしまうん?
若い警官が雑誌でフューチャーされていたけれど、コイツが相棒になるん?


など、観にいく前から気になる部分がたくさんある。
アン・ハサウェイ演じる女怪盗も、劇中では、いちども「キャットウーマン」とは呼ばれない

前作『ダークナイト』では「ジョーカー」だけだと思われていた悪役が、「トゥ・フェイス」まで登場させて、ファンを驚かせた。今作でも、おお!なるほど!と思わせる展開が待っているので、ぜひとも観ていただきたい。

レイトショーやレディースデーなど、特別割引が適用になるサービスを利用すれば何度も楽しめる。

また、観にいこうかな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント