FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

古代サウンド

2012年 03月16日 00:57 (金)

インターネット中継でWiiや3DSの最新情報をユーザーに届けるサービス「ニンテンドーダイレクト」。先月の2月22日に紹介された『世界樹の迷宮4』のプロモーションビデオ(PV)を見て、このゲームサウンドに注目。ふと、サウンド担当の古代祐三氏を思い出す。

 PC-88などの、パソコンゲームが全盛期だった80年代を知るゲームファンには、お馴染みの作曲家である。日本ファルコム在籍時代には、「イース」を始め「ソーサリアン」などの、今でも心に残る熱いミュージックを作っていた。中学生時代、「イースⅡ」のオープニング曲をカセットデッキで聞いて、初めて鳥肌が立ったのを覚えている。

 フリーになってから今日にいたるまで、数多くのゲームサウンドを作られており、かの『ファイナルファンタジー4』(SFC版)サウンドチームが、古代氏の作ったBGMを聞いて、新たに曲を作り直したという話は有名である。

 20年近くも前の曲を聞いても、熱い感情が湧き上がるようなカッコイイ曲が数多くあり、まったく古臭い感じがしない。

 最近の仕事だとニンテンドーDS用ソフト「世界樹の迷宮」シリーズや「セブンスドラゴン」シリーズの作曲をしている。ただ、欲しいと思っても高値で取引されていて、思うように手に入らない状況なのが残念である。

写真は筆者が秘蔵する古代サウンドのCD。
古代サウンド
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント